MENU

外面が良いにも程がある。【尾崎衣良】無料立ち読み

外面が良いにも程がある。
▼無料立ち読みはこちらをタップ▼
食べる仕草がキレイだったからデートに誘ってみたら マジかよこの子・・・超かわいいんだけど。

※ちなみに「そとづら」と読みます。「がいめん」じゃありません。私はずっと「がいめん」と読んでました(*ノノ)

外面が良いにも程がある。あらすじ

瀬高(せたか)一成は、同僚と共に合コンに来ていた。

 

相手は同じビル内の会社に勤めるOL連中。

 

瀬高は自己紹介する女性連中をさっそく値踏みしていく。

 

「(右から50点 45点 70点 ・・・20点!!)」

 

う〜ん、採点厳しいです、瀬高さん(^_^;)

 

しかし、本音と建前を上手く使い分ける瀬高は、女性陣に対し「みんなすごい可愛いね」といけしゃあしゃあとほざく。

 

本音はともかく、場の空気を読んだり、気遣いに長け、外面の良い瀬高は合コンでモテモテ。

 

しかし、瀬高は内心「(今日はハズレだな・・・)」と思う。

 

少々上のそら気味に辺りを見回していると、ふと地味系の吉野安貴(あき)と目が合う。

 

「(に、20点女と目が合っちゃったよ・・・。)」

 

まるで眼中になかった20点女。しかし、見ていると、食べる仕草がキレイな事に目を惹かれる。

 

そうして、しばらく吉野を眺めていると、周りから「何メガネちゃん見つめちゃってんの!?」とからかわれてしまう。

 

それからは男連中も女連中も瀬高と吉野をからかうようなムード。

 

「ダメですよーお。吉野さんに手を出したら!吉野さんは純情なんですからねっっ。」

 

それに居心地の悪さを感じたのか、吉野は「私帰りますね」と席を後にする。

 

「自分のせいで居心地を悪くしたのでは?」と責任を感じた瀬高は、吉野を追い、呼び止める。

 

「ごめん、俺のせいで居心地悪い思いさせて。」

 

「・・・今日はマミさんに言われてきました。でも合コンに誘っておいて人を『純情』と決めつけて、それだから手を出すななんて・・・バカにしてますよね。

 

吉野のその言葉を受け、瀬高は咄嗟に「そんなことない・・・俺、吉野さん狙いだし・・・・」と言ってしまう。

 

ん?え?

 

「(何言っちゃってんの?俺がいつ狙ったよ。外面がいいにも程があるだろ。病気かよ。)」

 

しかし、一度放った言葉は取り消せない。瀬高は勢いそのままに吉野とデートの約束を取り付ける。

 

最初は眼中になかった20点女。しかし、接する内にどんどん新たな魅力が見つかり・・・。

外面が良いにも程がある。登場人物

瀬高(せたか)一成
外面よくしてたほうが世の中生きやすいと強烈に思っており、本音とは真逆のことでもペラペラ喋れてしまうチャラ男。その外面の良さが祟り、なりゆきでかなり地味な子「吉野安貴」とデートする事になる。

 

吉野安貴(あき)
地味な格好に眼鏡。瀬高の採点では20点!しかし眼鏡の下の素顔はとんでも美人。実は瀬高以上に裏の顔を隠し持っている。食べ方がキレイな事から瀬高に興味を持たれる。

 

佐藤マミ
瀬高の元カノ。瀬高の採点では70点。今回の合コンはマミと瀬高の繋がりで実現した。自身のデートのために吉野に仕事を押し付けるなど、自分勝手な行動を取る性悪女。

外面が良いにも程がある。感想

自分、瀬高みたいなヤツ好きくないですわ〜(ill´Д`)

 

その場しのぎで相手の機嫌を取るような発言ばかりするヤツ。

 

そういうヤツってつねにお世辞しか言わないから、いざという時の言葉に重みがない。

 

何でもかんでも「美味しい!美味しい!」って言う料理評論家みたいな。

 

たまにしか「美味しい」って言わないから、その「美味しい」に重みがあるんじゃないの?

 

たまにしか「愛してる」って言わないから、その「愛してる」に重みがあるんじゃないの?

 

しかし、この漫画は瀬高視点だからこそ、その腹黒さがバレちゃっているとも思う。

 

もし、瀬高の心情が全然書かれていなかったら、その外面の良さに騙されて「瀬高って気が利いててイイ人!」って思ってたかも(笑)

 

私的には瀬高よりも吉野ちゃんの方が好き。

 

なかなか底を見せないというか、接すれば接するほどに新たな魅力に気付かされるというか・・・。

 

瀬高は外面の良さと内面の悪さでマイナス方向のギャップを感じるけど、吉野ちゃんは地味眼鏡20点女かと思いきや、実は美人でやり手というプラス方向のギャップを感じる。

 

やっぱり「第一印象がいい → 段々印象が悪くなっていく」よりも「第一印象が悪い → 段々印象が良くなっていく」という方が惹かれますよね(*´∀`*)

 

瀬高と共に段々と吉野ちゃんの魅力に気付かされ、どんどん吉野ちゃんの事を知りたいと思える良い漫画でした♪

 

外面が良いにも程がある。
▼無料立ち読みはこちらをタップ▼
なりゆきでかなり地味な子とデートすることに・・・。しかし。本当の彼女は全く違って・・・

外面が良いにも程がある。について

外面が良いにも程がある。は、短編集となっており、1冊の中に下記4つの話が掲載されています。

 

 

※各タイトルをタップする事で、それぞれのあらすじや感想が書かれたページに飛びます。

 

どの話もそれぞれに味があり面白かったのですが、敢えて順位を付けるなら、下記の順に面白かったです。

 

業務上偽装恋愛 > 外面が良いにも程がある。 > いたい にがい 少しあまい > 優しい毒薬

 

業務上偽装恋愛の終盤のとあるページでは爆笑してしまいましたw

 

ああいう二面性のあるヒロインって(・∀・)イイ!!

このページの先頭へ